FXでの取引は全て自己責任

実態をしっかりと知らないと

[ 2014-10-11 ]

FX会社の宣伝文句には、投資家にとって都合のいい言葉が沢山並んでいます。少額の自己資金で始められる、自己資金の何倍もの取引ができる、一年間で何億円も資金を増やした、など数え上げればキリがありません。読んでいるだけで、自分もすぐにでも億万長者になれるような錯覚を起こしてしまいます。確かに、FX取引で一年間に何百万円も何千万円も利益を得る人はいます。数は少なくても、何億円も稼いでいる人もいます。しかし、それと同じ数だけ、いえ、それ以上に資金を失っている人がいる、ということを忘れてはいけません。お金は人から人へと動いていくので、儲かった人がいれば、必ずその分損をした人がいるのです。人の心理は不思議なもので、うまい儲け話があると、すぐに自分も儲けられると思ってしまいます。極端な場合だと、行動を起こす前から億万長者になったつもりになってしまうのです。FX取引の場合もこれと同じことで、取引を始めるから儲かった気になってしまい、損失を出すとその反動でパニックに陥ってしまうことがあります。投資の実態をしっかり見極めたうえで、常に冷静な判断を心がけましょう。