FXでの取引は全て自己責任

会社が倒産するなんてことだって

現在、個人が簡単に口座開設できる FX 業者は日本国内に多数ありますし、日本に進出している海外の業者もあります。成人していて、ある程度の金融資産のある人ならば、基本的に誰でも口座開設できますし、FX 業者もキャンペーンなどを開催して、個人顧客の取り込みに力を入れているようです。 証券会社のホームページなどを眺めていると、一見、とても儲かりそうに思えますが、FX は金融商品の中でも比較的リスクの大きい商品ですから、トレードには細心の注意が必要でしょう。 FX の場合、もっとも大きなリスクは値動きのリスクです。外国為替証拠金取引という別名からも分かるように、担保として差し入れた資金の数倍の量のお金を借り、その借りたお金で外国の通貨を購入(交換)する取引です。そのため、自分の相場観と反対方向に大きく動いてしまった場合、損失も大きくなってしまうという特徴があります。 一方で、あまり認知されていないリスクもあります。その 1 つが、倒産リスクです。 FX の証券会社も一般的な民間会社ですから、財政が悪化したりすると廃業・倒産するおそれがあります。もし、自分が口座を持っている業者が破産したら、どうなってしまうのでしょうか。自分の資金は戻ってくるのでしょうか? 戻ってくるケースとこないケースがあります。業者が廃業したときに、顧客の資産が残っていれば戻ってきますし、残っていなければ戻ってきません。そのため、FX を始める際には、口座開設する業者をよく吟味する必要があるといえます。 口座開設する前に、顧客資産が分別管理されているかどうかを確認しましょう。顧客の資金を自社の運用資金と別に管理している会社は、仮に倒産したとしても、全額返還される可能性が高いと言えます。 また、ある程度、実績のある業者を選んだ方がいいでしょう。破産後に資金が全額返還されるにしても、実際に振り込まれるのは数ヶ月後というケースもあります。倒産しないに越したことはないのです。海外の業者がすべて怪しいとはいいませんが、詐欺目的の業者も過去にありました。素性の知れない業者は敬遠した方が無難でしょう。