FXでの取引は全て自己責任

元本が保証されているなんてことはない

FXという金融商品は、元本を増やすのが目的になります。 例えば証券会社の口座に、120万円を預けたとしましょう。それを30万円や150万円などと増やすのが、その金融商品で取引をする目的です。ところでその元本は、果たして保証されているのでしょうか。 されません。この金融商品では、それを割り込む可能性もあります。 例えば1ドル100円の時に、米ドルを購入したとします。それが120円などに上昇をすれば、20円分の利益が発生することになります。もしも1万ドル分の取引をしているのであれば、この際には20万円の利益が発生します。2万ドルの場合は、40万円といった具合です。 しかし、それはあくまでも上手く行った時の話です。為替レートというのは、そもそも自分の思い通りになるとは限りません。場合によっては、思いとは逆の方向に動く事もあります。 もう一度上記の例で申し上げると、米ドルが80円などに下がる場合があります。その際には、20万円の損失となります。 ところで1ドル100円の時に注文をするという判断は、誰が行っているのでしょうか。 FXの取引者本人です。誰かが取引を代行してくれる訳ではありません。 またFXの取引をする際に、人によっては誰かのアドバイスを参考にしている場合があります。しかしアドバイス通りにするかどうかは、取引者本人が決める話です。「アドバイス通りにして取引をしよう」と判断をしているのは本人が決めている訳であり、誰かが決めている訳ではありません。つまり自己責任となるのです。 証券会社のホームページなどを見ると、必ずこの自己責任の原則について明記されています。そしてFXという金融商品では、口座開設が必要になります。口座開設では必ず審査が発生するのですが、その際の基準の1つは上記の自己責任の原則に同意をしているかどうかなのです。同意をしないと、口座開設はできません。 つまりFXという金融商品は元本が保証されていないという点に、同意をする必要がある訳です。